aiderinc

記事一覧(38)

アーチサポーター足底筋膜炎が起こったら?

こんにちは!エイダーのクレアです。韓国の旧正月休みも全部、終わって今日からまた会社に戻りました。個人的には早く会社に行きたくて、つらかったですが、皆さんの週末はどうでしたか?最近、オリンピックにハマり一日の生きがいにもなってくれるんですが、皆さんも十分楽しんでいますか?今週に閉幕式があるそうですが、先週たちも最後まで頑張ってほしいです。今日は若い運動選手たちもよくかかる疾患について話してみようと思います。足底筋膜炎って聞いたことがありますか?普段40~50代でよくみられる疾患ですが、若い運動選手たちもこの疾患で苦しむそうです。1.偏平足とは? 偏平足とは単語そのまま扁平な足の裏のことです。 偏平足は病気ではないけど偏平足からくる疲労感やストレスを効果的に吸収できなくなります。そのため、偏平足を持っていらっしゃる方は足にすぐ疲労感を感じ、足底筋膜炎や外反母趾など疾患にかかる確率が高いです。 
「辞書の定義は足の指の付け根からかかとまで、足の裏に幕の張っている腱組織・足底筋膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多い」