aiderinc

記事一覧(51)

脳卒中前兆症状及び予防法

こんにちは!エイダーのクレアです。今日は昔から中風と呼ばれていた麻痺病状は急に訪れるのでその危険性がもっと高かったです。漢方分野では中風と呼びますが、神経科で呼ばれている医学用語とは脳卒中です。脳卒中は全体死亡原因の13.9%を示していて癌に続いて2番目の死亡原因と選ばれています。高齢層で脳卒中が多いという予想と違って最近は若い世代でも脳卒中の危険にさらされています。なので自分とは遠い話と考えるよりは代表的な症状とこれを予防できる方法を前もって熟知しといたほうがいいです。ここからは脳卒中の正義と脳卒中の前兆症状、そして予防法について次々と案内します。1.脳卒中とは?まず疾患名の辞書的な意味について話してみます。脳卒中の漢字の意味だけ考えてみれば<脳に異常は生じ、症状が続く>という意味ですが、脳卒中は脳梗塞と脳出血という二つの下位疾患で分類されます。1)脳梗塞:脳の血管が詰まって血管から血液をもらっていた脳の一部が損傷2)脳出血:脳の血管がはじけてのの中に血が止まり、その部分の脳が損傷に至ること脳卒中の原因とは本人が調節できることとできないこと二つに分けられます。年齢、人種、遺伝的な要因など生まれつきの原因、そして様々な心臓疾患(不整脈、高血圧、糖尿病など)と太すぎること、飲みすぎること、タバコ吸うこと、睡眠無呼吸症候群、運動不足、高脂血症、頸動脈狭窄など後天的な原因があります。生まれつき原因は変えきれませんが、後天的な原因だけでも管理を通して予防しなければなりません。ここで脳卒中の前兆症状と疑われる状況とはどういうことでしょうか?