aiderinc

記事一覧(64)

冬季倒れたり落ちたりして怪我するのを予防方法

冬季倒れたり落ちたりして怪我するのを予防方法

夏には蚊のせいでつらいことがありますが、冬には凍った路面が一番面倒なことではないかなと思います。白い雪が降っているのを見ていると心が平穏な状態になるけど、移動しにくいほど大雪が降るととても不便でしょう。さらに寒い時期が続くと雪がそのまま凍ってしまって見ているだけで目くるめくような凍った路面が完成します。この頃、滑り止め機能持ち防寒ブーツも販売されているですが、100%凍った路面での事故を防いでくれる方法が探しにくいです。
 こんな時期にたくさん起きるのが滑って倒れることです。足指で力を入れて気を付けながら歩いても地面に足を踏み外す瞬間、そのまま滑って倒れやすくなります。また凍った路面だけではなくトイレ、凍ったり濡れている階段などにもそういう倒れる事故が簡単に発生します。この状況の共通点を探しましたか?私の意志とは関係なく倒れやすい環境ということです。この状況では間違えて着地すると骨と筋肉に損傷を受け、 筋骨格系に気づ付けやすいし、老人だけではなくて子供や若者たちにもいつだってこういう事故は発生します。 それで今回は倒れる事故の原因と予防方法について調べてみます。少しでも倒れる確率を減らしたい方はご集中ください! 

末端冷え性によくない食べ物は?(キュウリ、小麦粉、コーヒーなど)

1. キュウリ、そば粉、ナス、トマト 冷たい性質を持った代表的な食べ物にはキュウリ、そば粉、ナス、トマトなどがあります。それでクーリングや落ち着かせるための美容目的のマスクパックにもこの成分が入ったりもします。手足が冷たい方は摂取を謹んでください。 2.小麦粉&バーター. 小麦粉やインスタント料理は体の中に冷気を高めます。もちろんインスタント料理は末端冷え性を患う方ではなくても食べ過ぎるのは気を付けるのがいいし、体を冷たくさせ、消化不良を誘発させる可能性があるので、摂取を減らしたほうがいいです。また、バーターやチーズは動物性乳製品なので、血内のコレステロールを増加させます。コレステロールが高まると血液循環もそれほどついていかないので、末端冷え性の持ちかたはには天敵だと思えばいいです。 3.炭酸飲料やコーヒー 炭酸飲料や現代人のたくさん愛されているコーヒーにはカーペイン成分が含まれています。カーペインは体を覚ませる覚醒効果もいいけど、たくさん摂取過ぎると
感覚中枢が刺激され心臓がドキドキしたり不眠症が来る可能性もあります。さらに血管を収縮させるので末端冷え性にとても悪いです。特に冷たく食べれば食べるほど体に冷気を作るそうなので、できるだけ避けたり、なるべく減らしていくのをお勧めします。